- 飛行機はお得な乗り物!早割を使えば新幹線より断然安い

飛行機はお得な乗り物!早割を使えば新幹線より断然安い

長距離移動で飛行機を利用する人、しない人は極端に分かれる傾向があります。
使う人は「毎回飛行機!」というくらいヘビーユーザーになりますが、使わない人は「子どもの頃1回乗ったくらいかな…」ということも。
しかし、使っていない人はもったいない!飛行機は使い方次第ではかなりお得に長距離を移動できる乗り物なのです。

新幹線よりもお得?飛行機は早割で乗ろう!

飛行機の最大のメリットは「予約が早ければ早いほど安くなる」ということです。
予定がはっきりしており、変更する可能性がないのであれば飛行機で早く予約をすると新幹線料金よりもはるかにお得になります。
東京大阪間では3か月前に予約すれば飛行機の方が2000円以上もお得に乗ることができます。
他にも旅行会社が販売しているホテル付の格安航空券もおすすめです。
予定が早めに確定するのであれば、料金面だけ見ると新幹線を選ぶメリットはないと言えます。
ただし、当日にチケットを購入する場合、飛行機はかなり高くつきますし、出発日に近づけば近づくほど新幹線は運賃変動がほとんどないにもかかわらず飛行機の運賃はどんどん上がっていきます。
飛行機利用者は早割や格安航空券を利用するということが大前提だと考えましょう。

デメリットは本数が少ないこと、空港が中心地から離れた場所にあること

所要時間にあまり差はなく、早割を利用すれば料金が圧倒的に安い飛行機ですが、もちろんデメリットはあります。
それは「本数が少ないこと」です。
新幹線は多い時間帯は1時間に10本あることもありますが、飛行機は多くても1日に20本未満と新幹線と比べて本数はどうしても少なくなるので、時間の細かい調整が難しいところがデメリットです。
また、空港が中心地から離れた場所にあることが多いので、移動の時間と費用が発生し、移動が面倒ということもあります。
しかし、慣れてくると料金的なメリットから移動には常に飛行機を選ぶ人も非常に多いです。
飛行機を普段あまり利用しないという人も、一度利用してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C)2016 ホテルとセットが超オトク!格安航空券の有効活用節約術! All Rights Reserved.