- こんなにも違う!大手航空会社とLCCのサービス

こんなにも違う!大手航空会社とLCCのサービス

LCCはコーコスとキャリアと呼ばれる低価格運賃が売りの航空会社です。
日本でも利用客胃が多い路線を中心にLCCが多く参入し、価格競争が起こっています。
日本で昔から利用されている大手航空会社とLCCにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。

価格だけ比べるならLCCが断然お得

そもそもLCCが格安航空券を提供できる理由は、出来るだけ多くのお客を乗せて運行しているからです。
定員40名のところを10名で運行すると間違いなく大赤字です。
そこを40名ぎりぎりで飛んで利益を最大限に出す代わりに運賃を安くするのがLCC。
だからこそ利用客が多い便でしかLCCは利用できませんが、運賃はかなり安くなっています。
また、片道ベースの料金設定なので、往復で買う必要はなく、滞在日数の制限もありません。
片道だけでもかなり安く金額設定されています。
ただし、座席と座席の間は狭くなっており、ゆったりと快適な旅とはいきません。
単純に移動手段としての利用だけを考えましょう。

質の良いサービスを求めるなら大手航空会社

座席の広さもですが、基本的にLCCは機内サービスが有料です。
機内サービスなどの人件費を極力節約するからこその格安航空券なので、質の良いサービスを求めるのであれば大手航空会社を利用すべきでしょう。
また、LCCは荷物の重さについて厳しく決められていることが多く、少しでもオーバーするとプラス料金を取られることもあります。
できるだけ多くの人を乗せて運びたいLCCだからこそですが、荷物が多い場合は大手航空会社のほうが良いでしょう。

どちらを取るかは自由!メリットデメリットをよく考えて

大手航空会社かLCCのどちらを利用するかは自由ですが、それぞれのメリットデメリットを把握した上で選ぶようにしましょう。
個人で移動するだけで特に機内サービスを重視しない、荷物も少ない場合はLCC、家族旅行で利用し小さい子どももいる、荷物も多いのであれば大手航空会社というように使い分けても良いかもしれません。

Copyright(C)2016 ホテルとセットが超オトク!格安航空券の有効活用節約術! All Rights Reserved.