- 格安航空券はホテルとセットにするとさらにお得!旅費節約の極意

格安航空券はホテルとセットにするとさらにお得!旅費節約の極意

旅行の際にホテルと航空券をバラバラで購入するよりも、旅行会社のホテル付航空券を買った方が安くなるということはよくあります。
旅行会社という仲介業者を通しているにもかかわらず直接購入するより安くなるのはなんだか不思議ではありませんか?

飛行機や宿は空席、空室では意味がない!

基本的に人がいなければ利益は生まれません。
航空会社もホテルも旅行会社もそれは同じこと。
もちろん、正規料金で売れれば最も良いのですが、売れなくて空席、空室ができるくらいであれば航空券 予約ができるプランを出したり、値引きしてでも埋めたいのです。
全く人がいなければ利益は確実にゼロですが、宿泊料金や運賃が赤字であっても人がいれば、関連するところでお金が使われていきます。
別のところで利益が生まれる可能性が出てくるのです。

オフシーズンでも旅行会社が売り出してくれる

観光地には必ずオンシーズン、オフシーズンがあります。
例えば沖縄はGWから9月くらいは観光客が増えるオンシーズンで、10月〜3月は観光客が少ないオフシーズンで、北海道は逆に雪まつりの行われる冬がオンシーズンで観光客が多い時期と言われます。
オンシーズンであれば、宣伝や値引きをせずとも自然とお客が集まりますが、オフシーズンはそうはいきません。
何とかして魅力を売り出して観光客を集めなければなりません。
そんな時に旅行会社に魅力を宣伝してもらって観光客を集めるのです。
航空会社も同様にオフシーズンの間の路線の稼働率をよくするために、旅行会社に安く多く航空券を卸して売ってもらいます。
そして、旅行会社もなかなか売れない時期に格安にして売って航空券やホテルをさばき切ると、また同じように安く航空券や宿泊を卸してもらえます。
多く卸してもらえることでまた安くして売ることができるのです。

薄利多売!たくさん売れれば利益は出る

300円の鉛筆を1本売るのと、60円の鉛筆を5本売るのとでは、得られる売り上げは同じです。
しかし、鉛筆が同じものだとするとどちらを買いたいと思うでしょうか。
もちろん60円ですよね。
鉛筆がよく売れる時期には300円で売っても良いのですが、売れない時期は300円のままでは売れないでしょう。
しかし、60円なら買ってもいいかなと思う人が出てきます。
航空会社や観光ホテルなどもいつも同じように利益を出す必要はありません。
オンシーズンにしっかり利益を出して、オフシーズンは格安航空券や値引きをして薄利多売で乗り切るのです。
その航空会社やホテルを繋ぐ役割をしているのが旅行会社というわけです。

更新情報

Copyright(C)2016 ホテルとセットが超オトク!格安航空券の有効活用節約術! All Rights Reserved.